その他の宅配クリーニング会社紹介


宅配クリーニングで有名なのは、「リネット」「リナビス」「ネクシー」「せんたく便」「ピュアクリーニングプレミアム」ですね。
これまではこの5社を重点的に紹介してきましたが、他にはどんな宅配クリーニング会社があるのでしょうか。それぞれの特徴をご紹介します。

 

デア(パックマン)

クリーニング可能な商品が非常会社です。普通の衣類はもちろん、絨毯、布団、ソファ、ウェディングドレス、ぬいぐるみ、着物まで取り扱っています。
家での洗濯はもちろん、なかなかクリーニングに出せないものまで洗ってもらえるので、とても重宝するクリーニング店です。

 

バスケット

earth music&ecology、Green Parksなど、多数の人気ファッションブランドを展開するストライプインターナショナル(旧クロスカンパニー)グループの宅配クリーニングサービス。
2015年サービス開始で業界内では後発ですが、アパレルを専門とするグループならではの安心感が魅力。

 

ラクーン

日本めてできた宅配クリーニングで、福岡を拠点にしています。看板メニューは「感動しみ抜き 匠抜き」で、その技術の高さでリピートが多く、全国4万戸以上の利用登録があります。

 

フランス屋

会員数が30万人を超え、40年実績があるクリーニング店が始めた宅配サービスです。
パック商品がお得で、送料無料で10点4,980円と、1点あたり498の格安料金です。通常のクリーニングだと高額になりがちな衣類をお願いするとお得ですね。

 

ホワイトクリーニング

全国,500店している老舗クリーニング「ホワイト急便」の宅配クリーニングです。店舗の知名度は高く、安心感がありますね。
知っているクリーニング会社から宅配クリーニングを試してみるのも良いかもしれません。

 

カジタク(イオン)

イオングループが経営する家事サービスの会社です。宅配クリーニング以外にも、ハウスクリーニング、家事代行サービス(東京23区)、宅配収納ボックスのサービスがあります。宅配クリーニングでは、衣服のジャンルごとの価格設定ではなく、点数で値段が決まります。
「マイ・セカンド・クローゼット」をキャッチコピーにしているように、最長9ヶ月と長期間保管が可能です。かさばるコート類を長く預かってもらえるのはありがたいですね。

 

マイクローク

宅配クリーニングと衣類預かりサービスを一体化させたことから、マイクロークと名前になりました。特筆すべきは、そのです。
衣類だけでなく、毛布やスキー用品までクリーニング後に預かってもらえます。部屋が狭い方は、大助かりですね。

 

洗濯倉庫

コスパのさにがある会社です。バッグに詰め放題のプランがあり、上限枚数はありますが、バッグに入るだけ詰めての定額制です。
ゴールド会員になると、さらに安く利用できます。

 

白洋舎

宅配クリーニングの中では、比較的高めの会社です。実店舗があり、仕上がりが綺麗だと評価が高いです。
知名度が高く安心できるので、宅配クリーニングが初めてという方にもおすすめです。